ボクシングや格闘技全般といった、パンチを取り入れるスポーツで、まず必要なのは、グローブです。これから始めようと思っている方々の中で、いざ購入しようとした時にどういったものを選んでいいか分からない。実際どういったものがいいのか分からない。などの声を多く聞きます。そこで、ボクシンググローブの選び方、歴代チャンピオンも使ったことのある、おすすめのグローブをご紹介します。

ボクシンググローブを着ける意味

ボクシングや格闘技は見ての通り拳を当てるスポーツです。その拳を素手で当てると、もちろん怪我をします。特にボクシングでは手首の怪我をすると、ボクシング自体ができなくなってしまいます。更には、相手にも怪我をさせ、スポーツどころかケンカになってしまいます。そういったことを防ぐためにも、正式なスポーツとして、ボクシンググローブは必要不可欠なものなのです。

どのようなグローブがいいの?

ボクシンググローブといっても安いものから高いもの、形や素材も様々です。初心者からすると、どれも同じに見えるくらい区別するのが難しいです。また、初心者だからといって、値段の安さだけで買ってしまうと後悔します。 自分の体や、相手の体を守るためにもしっかり自分に合う物を選ぶことが大事です。グローブは、フォームが乱れる原因となります。フォームが乱れると、せっかく始めたボクシングもスキルが上がらず、時には楽しんで出来ません。そういった意味でも、きちんとしたボクシンググローブを選ぶ必要があります。

歴代チャンピオン愛用ボクシンググローブ

ここでおすすめするのが、歴代チャンピオンも使用したことのある「ウィニング(Winning)」のボクシンググローブです。日本のボクシンググローブといえばウィニングというほど人気あるメーカーです。WBO,WBC,IBFも公認されており、他のメーカーさんと比べると値段は少し張りますが、良い質と素材が使われています。作りも丁寧で、牛革が使われており、長持ちしますし、長続きする1つともいえます。更に、オーダーをすると名前も入れてくれますし、色も自分好みにオーダーメイトする事ができるのです。

まとめ

これからボクシングや格闘技全般を始めるにあたって、ボクシンググローブは大事なものの1つになります。自分の身のため、相手の身のため、しっかりとボクシンググローブを選ぶと良いでしょう。きちんと選ぶことで、試合ができ、その中から歴代チャンピオンが誕生し、それに憧れてボクシングを始める。そういったサイクルでボクシングというスポーツが存在しています。「ボクシンググローブをしっかりと選ぶ」そういった事も、ボクシング好きの1つの愛情と言えるでしょう。