目標は歴代チャンピオンのようなプロボクサー!プロテストとは

日本国民が熱くなるスポーツの一つがボクシング。 シンプルに殴り合いの喧嘩のように見えますが、パンチを打つ・避ける、パンチを当てるためにフェイントと技をかけるといった攻防戦が繰り広げられます。 そのドキドキ感が観ている人の楽しさになっているのでしょう。 熱く戦い合っている姿に惹かれて、自分もやってみたいという方も少なくないでしょう。 きっかけが、「歴代チャンピオンみたいに強くなりたい」と気持ちを弾ませて、始める人も多いです。 では、どうすればプロのボクサーになれるのか、プロテストについてご紹介します。

プロテスト受ける前に

いざプロボクサーになろうとしても、そうすぐになることは厳しいです。 まず、日本プロボクシング協会に加盟しているジムに所属しないといけません。所属したいジムもあらかじめリサーチしておくと良いでしょう。 そこでプロテスト受験までの期間、約半年から1年かけて厳しい鍛錬を受けます。 門下生は地道なトレーニングが成果に繋がるとひたむきに頑張る時期ですね。 基礎体力はもちろん、プロボクサーとして必要な知識、技術を磨いていきます。

 

池谷一樹さん(@ikeya.kazuki)がシェアした投稿

プロテスト受験資格

プロテストは年齢制限があり、17歳~32歳まで決められています。 そのため、いつでもプロになれるというわけではないのです。 受験資格の要件として、健康診断に引っかからず、視力に関して安全性に支障ない限りプロテストは受けられます。 女性は出産後もしくは流産した1年内は受験不可になってしまいます。 受験料も必要です。ライセンスで異なりますが、C級は6,300円、B級は10,500円であり、女性だけB、C級ともに10,500円必要です。

実技もあったの!?

実はボクシングのプロテストは実技だけでなく、筆記試験も実施しています。 ボクシングの知識はあるか、基本的な問題が出題されます。 実技はスパーリングを行い、1ラウンド2分30秒の時間帯で2ラウンド行ないます。 これらの審査が通れば晴れてプロボクサーになれるのです! 憧れの歴代チャンピオンに一歩近づきますね。

まとめ

歴代チャンピオンや現役チャンピオンに憧れてボクシングをしてみたいという方は、体力やパワーは重要ですが、プロになるための情報を得るのも重要です。 自分がどこのジムに合うのか、どういうトレーニング方法で鍛えるか、いろいろとリサーチする必要があります。 コツコツと地道な努力を要するスポーツですが、その努力の先には将来チャンピオンになる自分が想像できるのではないでしょうか。 観ていた側だった方が次は自分が!とプロになっていく人が増えていき、さらにボクシング界が盛り上がることでしょう。

ボクシング歴代チャンピオン!伝説の偉大な天才プロボクサーグッズをゲット!

ボクシングといえば、闘争心がぶつかり合う、スポーツです。そんなボクシング選手の中で、引退した今でも、”ボクシング界最強の選手”と言われ続けられているのが、具志堅用高。 そんな具志堅用高の記録・生き様や引退した後の活動、サイン入りグッズなど、具志堅用高の魅力をご紹介します。

どんな人物なのか

沖縄県石垣島出身で中学卒業後、沖縄本島へ渡り高校入学。 野球部希望していた具志堅用高ですが、身長が足りない事を理由に入部を断られ、ボクシングを始めました。 その後の特訓により、天性の素質が見る見るうちに開花します。 圧倒的な強さで”カンムリワシ”(狙った獲物は逃さない)という異名までつきました。 プロ入りしてからも、わずか9戦目にして、当時の世界チャンピオン、ファン・ホセ・グスマン選手に挑み、7ラウンド目で倒し、世界チャンピオンに輝くという成績を残しました。 その後も、その座を4年半にも渡り守り続け、防衛した回数はなんと13回。 その結果は、37年経った今でも、誰にも更新されていない記録です。

引退決意からその後の活動

14度目の防衛戦は沖縄で行われ、相手は13度目の防衛戦で判定勝ちした、ペドロ・フローレスとの再戦。 そこで14度目の防衛はならず、12ラウンドで負けてしまい、再起を勧めたものの、具志堅用高の意志は固く、そのまま引退となりました。 引退後は解説者として活躍し、バラエティ番組でもタレントとしての大活躍を見せています。 1994年には日本人初のボクシング世界王者の白井義男とともに、共同ジムを開設しました。 2017年5月にはジムに所属する比嘉大吾が前王者を破って、所属ジムから初めての世界王者が誕生し話題をよびました。 自身の故郷である、沖縄県石垣島では”具志堅用高記念館”も開設。 直筆サインが入ったグッズ、グローブやサンドバッグなどがおいてあり、迫力満点な具志堅用高ワールドが見られます。 ここでしか買えない具志堅用高オリジナルグッズもたくさんあるので、石垣島に行った際は、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ボクシング界最強、偉大なる天才プロボクサー具志堅用高の防衛記録は、いまだかつて、歴代のチャンピオンたちにも破れない大きな壁となりました。 次は誰がこの記録に挑んでくるのか楽しみです。 バラエティ番組でも、おバカキャラとしての活躍している具志堅用高ですが、これからもっといろいろな場面での活躍が期待できそうです。

 

てらさん(@takashi.terada57)がシェアした投稿

ボクシングをする女性が急増!歴代チャンピオンも取り組んだメニューにいざ挑戦!

格闘技といえば、男性のするイメージが大きいですが、現代では女性で格闘技を始める方が増えてきています。 ボクシングジムに通う女性も多く、中にはプロボクサーも存在します。 現役ではありませんが、女性ボクサーで知られている方でいえばお笑いタレント、南海キャンディーズの「しずちゃん」ですね。 ジムに通う女性誰もがプロを目指しているわけではなく、自己の目標や趣味で取り組んでいる方が多いです。 また、人気の歴代チャンピオンを追いかけ、自身も始めてみるといったきっかけも少なくありません。

トレーニングメニューは至ってシンプル

ボクシングは全身を使うスポーツ。 全身の筋肉をつかうため、ダイエットをしたいという女性には適したスポーツです。 日本の歴代チャンピオンも地道にトレーニングに励んだ成果が結果とつながっています。 その基本的なメニューがランニング、縄跳びにサンドバック打ち、ミット打ちと様々なトレーニングメニューがあります。 その中でもダイエットに最もふさわしいメニューがシャドーボクシングです。 有酸素運動と無酸素運動が混合しているシャドーボクシングは、短時間でかなりのカロリーを消費できます。 見た目は簡単そうでこれが実はかなりの体力を要します。 ジムに通わなくても、シャドーボクシングは自宅でもイメージしてできそうですよね!

 

Wakako Fujiwaraさん(@wakanyanfujiwara)がシェアした投稿

憧れのボディを手に入れよう

ボクシングはかなりハードなメニューだと思う方が多いでしょう。 しかし、自分に合ったレベルで取り組める為、持続できるトレーニング法を教えてもらいながら身体を鍛えることができます。 筋肉がムキムキになるのは抵抗ある女性が多い中、ボクシングは筋肉がつくだけでなく、無駄な脂肪を燃焼し、身体のラインをしっかりと引き締めてくれるのです。 インナーマッスルを取り入れることにより、身体の軸も鍛えられ、きれいなラインを作り上げることが出来ます。 お笑いタレント「しずちゃん」もボクシングを始め、急激に身体が引き締まりました! 女性はくびれのある体型に憧れますよね?ボクシングではそれが実現できるのです!

まとめ

仲間も呼んで取り組むことが出来るのも魅力の一つです。 試合やミット打ちは孤独さを感じてしまうことが多いかもしれませんが、スパーリングや縄跳びなど、一人では取り掛かるのが困難です。 縄跳びは出来るが、最後に追い込みかけるとき、切磋琢磨できる友達がいるとトレーニングへの効果が上がります。 また、縄とびの時にも会話をすることで無酸素、有酸素運動をすることが出来るのです。 歴代チャンピオンが通っていたジムに通えるともなれば意欲も上がることでしょう。運がよければ、会える事も夢ではないかもしれませんよ。 一人ではなかなか行きづらいとなれば、友達を連れて気持ちいい汗をかきに行ってみてはいかがでしょうか。

歴代チャンピオンはここで誕生!ボクシングリングとは?

拳と拳の熱き戦いが繰り広げられる世界といえばボクシングですが、その舞台となるものがリングです。 リングと聞くと指輪や丸いもののイメージが強く、なぜ四角い場所がリングと呼ばれるのか疑問ですよね。 リングといっても、スポーツによってリングが違います。実は4種類あり、ボクシング・プロレス・総合格闘技・立ち技系のリングと分かれています。 その中からボクシングリングにスポットをあてて紹介します。

リングと呼ぶのは?

リング=RINGは単純に解くと、輪・環・輪形という名詞になります。動詞だと、輪の形にする・取り囲む、です。 取り囲むという意味では、四角いリングでも間違いは無いのですが、おそらく一般的な概念でいうと矛盾が感じられます。 詳しく解説すると、リングの語源は、まだ歴代チャンピオンなど存在しない昔、戦う両選手をギャラリーがヒモを持って取り囲み、手をつないで逃げられないようにした事から、その形状が円形になった事から名付けられたという説です。 現在では大きさや高さなど、スポーツによっても様々なリングがあり規定が設けられています。

ボクシングリングの大きさはどのくらいなの?

ボクシングリングの大きさは、日本ボクシング・コミッション(JBC)によって定められています。 広さはロープで囲っている内側は、原則として18フィート(5.47m)平方以上~24フィート(7.31m)平方以内です。 床も規定の長さがあります。水平にし、2.5インチ(6.3cm)以上のフェルトか畳、または同程度の柔らかい下敷きを敷き、その上をキャンバスで覆わないといけません。 リングは周りがロープで囲まれていますよね。ロープは2.5cm 以上を4本に、リングの床から0.46m・0.74m・1.04m・1.32mの高さで強く張ります。 このほかリングの照明に関しても、ある一定の規定が設けられています。

リングは買えるの?

一般の方々で購入する人は少ないと思いますが、ジムや施設などの運営を始めようと思う人には嬉しい事に、購入可能です。 値段は張りますが、通販サイトでも販売しています。 選手やお客さんの怪我を考えると、値段を張ってでもきちんとした物を購入するのが良いでしょう。 更に、一からリングを制作してくれる会社もあります。 改造・修繕なども行っているので、長くみると初めからオーダーメイドするのもオススメです。 歴代チャンピオンもこのオーダーリングを使って練習をしていたとの良い情報も入っています。

まとめ

リングといっても色々なものがあり、競技によって違っていたとは驚きですね。 ご購入を考えている方は、規定やルールをしっかりわかった上で是非良いリングを購入してみてはいかがでしょうか。

【ボクシング歴代チャンピオンも愛用!ボクシングシューズ】

激闘が繰り広げられるボクシング。リング上の歴代チャンピオンの足元には一足の「シューズ」があります。 ボクシングで必要とされる、グローブと同じほど大切になってくる物のひとつです。 今、ボクシングを頑張っている方、チャンピオンを目指している方、キックボクシングやトレーニングなど、どのようなボクシングシューズを使っていますか? しっかりと機能性を知り、選んでいるのでしょうか。 シェイプアップ目的の方でも、足首の保護や怪我の予防は大切です。 また、履くだけでかっこいい・ボクシングシューズについての機能性などこだわりもあると思います。 様々な理由の中で、今回は歴代チャンピオンたちも愛用したオススメシューズなどご紹介します。

ボクシングシューズの性能

ボクシングシューズは、基本的、軽くて足元が滑らない様にしっかりグリップがついています。 リングの上などでは踏ん張りがきくので、強く安定したパンチを打つことができます。

ボクシングシューズの種類

シューズと言っても、色々なタイプがあります。 ロングタイプのシューズは、ヒモが足首よりも上の方まで通して縛ることができるので、フィット感はあります。 最近ではショート・ミドルのシューズが流行っていますが、ロングも負けずとかなり人気があります。 ショート丈の物に比べると、脱着には多少時間がかかりますが、昔の歴代チャンピオンもこのタイプを使っていました。 「ボクサー」という感じがしてかっこいいです! 最近では海外のトップファイターの多くが、メーカーのミドル丈のシューズで活躍していることが多くなりました。長すぎず短すぎずと、適度な長さの靴です。 下に長い靴下を履いてシューズから覗かせる事で、履き方ではオシャレに魅せる事ができます。 ショートタイプのシューズは、足元が軽くスッキリしてみえるということと、簡単に脱ぎやすいという点が人気の秘訣です。ここ数年で流行っているシューズです。

 

Takashi Sagaeさん(@sagaetakashi)がシェアした投稿

オススメはズバリこれ!!

ここで紹介するのがミズノ製ボクシングシューズです。 歴代チャンピオンや、元WBO世界スーパーフライ級王座の井上尚弥選手もこのミズノ製なのです。 そんなミズノ製ボクシングシューズは、2種類あります。 一般的にシンプルなデザインで、日本で作られています。 オーダー品もラインナップされており、色の指定等もできます。 更に、素足感覚を極めるボクサーのために、非常にデリケートな作りになっていてボクシングをしている人にオススメです。 あの歴代チャンピオン、具志堅用高さん以降ミズノのボクシングシューズを履いた世界チャンピオンがたくさん誕生したそうです。

まとめ

シューズ一つでも勝敗が左右されるので、自分にあったボクシングシューズを選んで買う事が重要だと言えます。 歴代チャンピオンも愛用したシューズを使用して、ボクシングの道を思いっきり突き抜けていくとかっこいいですね。

歴代チャンピオンも使用!ボクシンググローブを使おう!

ボクシングや格闘技全般といった、パンチを取り入れるスポーツで、まず必要なのは、グローブです。これから始めようと思っている方々の中で、いざ購入しようとした時にどういったものを選んでいいか分からない。実際どういったものがいいのか分からない。などの声を多く聞きます。そこで、ボクシンググローブの選び方、歴代チャンピオンも使ったことのある、おすすめのグローブをご紹介します。

ボクシンググローブを着ける意味

ボクシングや格闘技は見ての通り拳を当てるスポーツです。その拳を素手で当てると、もちろん怪我をします。特にボクシングでは手首の怪我をすると、ボクシング自体ができなくなってしまいます。更には、相手にも怪我をさせ、スポーツどころかケンカになってしまいます。そういったことを防ぐためにも、正式なスポーツとして、ボクシンググローブは必要不可欠なものなのです。

どのようなグローブがいいの?

ボクシンググローブといっても安いものから高いもの、形や素材も様々です。初心者からすると、どれも同じに見えるくらい区別するのが難しいです。また、初心者だからといって、値段の安さだけで買ってしまうと後悔します。 自分の体や、相手の体を守るためにもしっかり自分に合う物を選ぶことが大事です。グローブは、フォームが乱れる原因となります。フォームが乱れると、せっかく始めたボクシングもスキルが上がらず、時には楽しんで出来ません。そういった意味でも、きちんとしたボクシンググローブを選ぶ必要があります。

歴代チャンピオン愛用ボクシンググローブ

ここでおすすめするのが、歴代チャンピオンも使用したことのある「ウィニング(Winning)」のボクシンググローブです。日本のボクシンググローブといえばウィニングというほど人気あるメーカーです。WBO,WBC,IBFも公認されており、他のメーカーさんと比べると値段は少し張りますが、良い質と素材が使われています。作りも丁寧で、牛革が使われており、長持ちしますし、長続きする1つともいえます。更に、オーダーをすると名前も入れてくれますし、色も自分好みにオーダーメイトする事ができるのです。

まとめ

これからボクシングや格闘技全般を始めるにあたって、ボクシンググローブは大事なものの1つになります。自分の身のため、相手の身のため、しっかりとボクシンググローブを選ぶと良いでしょう。きちんと選ぶことで、試合ができ、その中から歴代チャンピオンが誕生し、それに憧れてボクシングを始める。そういったサイクルでボクシングというスポーツが存在しています。「ボクシンググローブをしっかりと選ぶ」そういった事も、ボクシング好きの1つの愛情と言えるでしょう。

日本最強歴代チャンピオンも健在!人気上昇の格闘スポーツ、キックボクシングとは?!

ボクシングと聞けば拳で戦うというイメージが強いですが、最近では、キックボクシングを始める人も増えてきています。そこでこれから始める人にもわかりやすくキックボクシングの基礎や魅力、歴代チャンピオン、始めるにあたっての必要な道具などをご紹介!

キックボクシングを知ろう

キックボクシングはボクシングと違い、キック、肘、膝、首相撲と全身のあらゆる部分が使える格闘技です。パンチが飛んで来たと思えば、キックも飛んでくるし、接近すると肘も膝も飛んできます。首相撲という技で首をつかまれると、膝蹴りの嵐に見舞われることもあり、多様な技の読み合い、駆け引きが魅力の一つです。 ムエタイとの違いについてよく聞かれるのですが、簡単に説明するとムエタイはタイの国技で、蹴りをガードするときに、足でガードするといった特徴があります。それに比べキックボクシングは、日本が発祥で、ムエタイがベースになり、ボクシングと空手が融合されたものです。

キックボクシングに必要な道具って?

キックボクシングをするにあたって、格闘スポーツには様々な道具が必要となってきます。まず、バンテージです。これは拳に巻き付けて保護する道具です。パンチグローブは練習用のグローブで、グローブは試合用です。8オンス~14オンス、16オンスがあり、重さで決まっています。ニーガードは膝のサーポーターとなり、アンクルガードは足首をサポートします。スパーリングをする時には、マウスピースとヘッドギアが必要です。マウスピースは、顎を保護する理由のほかに力が入ったとき、歯の負担を軽減してくれます。ヘッドギアは頭へのダメージを防ぎ、衝撃を抑えてくれるので、自分のサイズにしっかり合ったものを選ぶのがおすすめです。

歴代チャンピオンをご紹介

キックボクシング界では有名な一流選手をご紹介します。一時はキック界から離れるも、再度キック界に戻って来た後、ウェルター級チャンピオンになった安田一平選手です。ライト級からウェルター級に上げてきたがその豪腕は現役のままです。翔センチャイジム。ムエタイオープンライト級チャンピオン、WMC日本ライト級チャンピオンの二つのベルトを持ち、過去にはHJKFライト級チャンピオンのベルトを巻いた最強ボクサーです。

まとめ

パンチだけのボクシングとは違い、足や肘など様々な攻撃ができるので、技を磨くのも楽しみの1つです。これから始めようと思っている方々も、歴代チャンピオンに負けないくらい技を習得できるよう、まずはグローブをはめて格闘体験からでもやってみてはいかがでしょうか。

 

Yoshiki Nakamuraさん(@yoshiki.nakamuraaa)がシェアした投稿

歴代チャンピオンに憧れて格闘スポーツのボクシングでエクササイズをはじめよう!

ボクシングとは、拳同士で戦う、格闘スポーツです。 しかし、今では戦うだけが、ボクシングではありません。歴代チャンピオンたちに感化され、本格的にボクシングを始める人・健康的にエクササイズしたい人・子どもに習わせたい人、理由は人それぞれです。これからボクシングを始めたい人や、興味がある人にむけてあらゆる視点から、ボクシングの魅力をご紹介します。

歴代チャンピオンに憧れてプロになった選手

例を挙げると、ボクシング界の伝説の男と言われている具志堅用高に憧れて、素人からボクシングを始め、歴代チャンピオンになった、渡嘉敷勝男。 喧嘩ばかりだった17歳の少年が、喧嘩・遊びを捨て上京。 憧れの具志堅用高の隣で並び、人一倍練習を重ね、見事歴代チャンピオンにまで実績を残しています。

殴るだけのスポーツではない!今では親子で仲良く取り組めると高評価!

ボクシングは有酸素運動なので、短期集中型エクササイズやスポーツ目的には向いています。 脂肪を燃焼する効果はもちろん、痩せやすい体づくり・体感を鍛える・ストレスが少ない・エネルギー燃焼効果が高いです。 エクササイズには最適なスポーツです。サンドバッグにパンチを重ねることでストレス発散にもなります。 今では、子どもに習わせている人や、親子でボクシングをしている人も少なくありません。 そのため、お子さま向けコースを設置しているジムも増えています。 親子で始めてみても、距離が縮まり・触れ合える時間になるので親子そろって楽しめるでしょう。

自宅でボクシングが出来る?!

仕事が忙しかったり・小さいお子さんがいたりすると、ジムに通いたくても通えないという人も多いでしょう。そこでおすすめなのが、ネットボクシングです。まだ世間では多く知られていませんが、これから人気が上がるのは間違いなし! ネットボクシングは、インターネットのサイトでできるトレーニングメニューです。 自分に合ったメニューが選べて、食事管理や栄養バランスなども教えてくれます。 もう一つは、シャドーボクシングです。シャドーボクシングとは、仮想の相手(影)と戦うイメージトレーニングです。シャドーボクシングを行うことで、体感が鍛えられ、一日三分のトレーニングで、ダイエット効果も得られます。

まとめ

歴代チャンピオンに憧れてプロになった選手やお子さまの習い事にしたい、健康的にエクササイズしたいなど、始める理由はひとりひとり違いますが、始めると楽しくなる・長期的に続けたくなるという思いが生まれるのはみんな共通するのではないかと感じます。始めたすべての人を魅了してしまうのがボクシングというスポーツなのです。

ボクシング歴代チャンピオンもこのトレーニング方法で体を作り上げた!

ボクシング歴代チャンピオンのように、引き締まっている体は誰もが憧れます! 「自分もカッコいい体になりたい」と、思う人はきっと多くいることでしょう。 一度は筋トレに挑戦したけど断念した人や、これから始めたいとおもう方に、トレーニング方法や食事で気を付けたいことなど、そしてボクシング歴代チャンピオンもやっていた方法をご紹介していきます。

筋トレ方法の基礎知識

筋肉は、ダメージを受けると、その後回復します。 そして、少しだけ強くなることで、同等な刺激がきても耐えられるように鍛えられます。 これを超回復と呼び、繰り返すことで、個人差はありますが徐々に筋肉が強く太くなっていくのです。 ただトレーニングをするだけでは、なかなか筋肉は成長しません。

初めは無理せず徐々に筋肉に刺激を与える

基本は8回から10回あがる程度の重さで、3~5セット、2分程度のインターバルを行います。 セットを繰り返すと8回は上がらず、その時は重さを80%くらいに落とすのがベストです。 そうすることで十分に刺激を与えることができます。 ただただ軽い重量で何百回と、動作を繰り返しても、筋肉が疲労するだけで十分な刺激にはなりません。

筋肉は動かした分、しっかりと休めるのも大事!

筋肉に十分な刺激を与えたあとは、休息が必要です。 筋肉に刺激を与えて、しっかりと休ませて回復させないと鍛えた分が台無しです。 回復させるには、筋肉を休ませること、きちんと栄養素を摂ることが必要です。 鍛える部分によって異なりますが、筋肉は大抵48時間以上、回復に時間が必要になります。 同じ部分をトレーニングするときは、約2日以上の間を空けると効果的です。

体内からもどんどん栄養を取り込んで筋力アップ!

筋肉を作るためには、鍛えるだけでなく、栄養素であるタンパク質を摂ることが大事です。 しっかりとトレーニングしたときは、タンパク質を十分に摂らないと、筋肉が回復しません。 タンパク質は一日に体重×1.5グラム程の量をとると効果的です。 肉や魚、卵、乳製品などにタンパク質は多く含まれますが、これらの食品では消化時間がかかります。 そこで、すぐにタンパク質を補給したい場合は、スポーツ店に販売しているプロテインを取り入れるとよいでしょう。無駄な養分を摂ることなく、必要分のタンパク質を取り入れることが出来る為、プロテインはオススメです!

トレーニングマシーンを取り入れよう

基礎がしっかり整ってきたところで、トレーニングマシーンやダンベルを取り入れていきましょう。 トレーニングマシーンやダンベルを取り入れる事で、人間では補えない大きな負荷をかけ筋肉を倍増する効果があります。 しかし、トレーニングマシーンも高値で、広いスペースが必要です。 自宅でのトレーニングが厳しい人は、トレーニングジムなどに通って取り組むことをオススメします。

まとめ

ボクシング歴代チャンピオンの方は、皆、基本的なトレーニングから始まり、強くなっています。 まずは基礎からしっかり取り組み、それからプロテインを取り入れたり、トレーニングマシーンを活用してみたりと応用に進んでいくのがベストでしょう。 正しいやり方で取り組めば、あなたも引き締まった体を手に入れること出来ますよ。

これから歴代チャンピオンに名を刻んでいけ!日本のシュートボクシング界の活躍

ボクシングやキックボクシングなど、普段からよく耳にするボクシングとは別に、シュートボクシングという新興格闘技があります。 まだそこまで浸透していなく、シュートボクシングの魅力を知る人は、そう多くありません。 聞いたことはあっても、ルールがわからないという人もまだ多いようです。 そこでシュートボクシングの魅力・ルールを紹介します!

シュートボクシングって何?

シュートボクシングとは、キックボクシングの技に加えて、投げ技や立った状態での極め技や締め技が可能な立ち技の新興格闘技です。 ルールは簡単で、寝技以外の技なら、パンチ・キック・締め技などが許されていて、それで相手を倒します。 クラスによって試合時間は変わってきますが基本的に3分の3ラウンド、または5ラウンドで行ないます。 KOか判定で勝敗は決まり、技によってポイント加算し、判定基準に反映するため、一時の気の緩みは禁物なスポーツです。

 

kageさん(@kage_nakanishi)がシェアした投稿

メディアでもかなり人気者!歴代チャンピオン最強女子ボクサー

シュートボクシングで、昔から有名なのが、女子シュートボクシング選手のRENA選手です。 RENA選手は、小学校6年生からキックボクシングを始めた。 激しいトレーニングメニューにも打ち込み続け、その努力が実り、色々な大会で優勝や勝率を上げ、実績を積んでいます。 TVでも引っ張りだこのようにバラエティー番組にも出演しています。 今では女性格闘技は、RENA選手が率先して盛り上げているくらい、認知度の方は非常に高いです。 さらにシュートボクシング、格闘技界を盛り上げる活躍を今後も期待してRENA選手を応援していきたいですね。

まとめ

今ではテレビでも盛り上がりをみせる格闘技。 シュートボクシングはまだまだ認知度は低いですが、日本のシュートボクサーにチャンピオンに輝く選手も存在します。 競技人口も少しずつ増えてきており、ジュニアにも幅広げています。 あまりテレビで放送はされませんが、アマチュアの大会なども定期的に全国でも開催されています。 これを機会に是非、会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。 熱く盛り上がっている雰囲気を実際に目の前にすると、きっとシュートボクシングの魅力に惹かれることでしょう。 また、観るだけでなく、実際にやってみるのもいいでしょう。 パンチだけでなく、キックや締め技、ありとあらゆる攻め方のある競技なので、ボクシングやキックボクシングとは違う面白さがあります。 是非シュートボクシングのジム、もしくは試合会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。