目標は歴代チャンピオンのようなプロボクサー!プロテストとは

日本国民が熱くなるスポーツの一つがボクシング。 シンプルに殴り合いの喧嘩のように見えますが、パンチを打つ・避ける、パンチを当てるためにフェイントと技をかけるといった攻防戦が繰り広げられます。 そのドキドキ感が観ている人の楽しさになっているのでしょう。 熱く戦い合っている姿に惹かれて、自分もやってみたいという方も少なくないでしょう。 きっかけが、「歴代チャンピオンみたいに強くなりたい」と気持ちを弾ませて、始める人も多いです。 では、どうすればプロのボクサーになれるのか、プロテストについてご紹介します。

プロテスト受ける前に

いざプロボクサーになろうとしても、そうすぐになることは厳しいです。 まず、日本プロボクシング協会に加盟しているジムに所属しないといけません。所属したいジムもあらかじめリサーチしておくと良いでしょう。 そこでプロテスト受験までの期間、約半年から1年かけて厳しい鍛錬を受けます。 門下生は地道なトレーニングが成果に繋がるとひたむきに頑張る時期ですね。 基礎体力はもちろん、プロボクサーとして必要な知識、技術を磨いていきます。

 

池谷一樹さん(@ikeya.kazuki)がシェアした投稿

プロテスト受験資格

プロテストは年齢制限があり、17歳~32歳まで決められています。 そのため、いつでもプロになれるというわけではないのです。 受験資格の要件として、健康診断に引っかからず、視力に関して安全性に支障ない限りプロテストは受けられます。 女性は出産後もしくは流産した1年内は受験不可になってしまいます。 受験料も必要です。ライセンスで異なりますが、C級は6,300円、B級は10,500円であり、女性だけB、C級ともに10,500円必要です。

実技もあったの!?

実はボクシングのプロテストは実技だけでなく、筆記試験も実施しています。 ボクシングの知識はあるか、基本的な問題が出題されます。 実技はスパーリングを行い、1ラウンド2分30秒の時間帯で2ラウンド行ないます。 これらの審査が通れば晴れてプロボクサーになれるのです! 憧れの歴代チャンピオンに一歩近づきますね。

まとめ

歴代チャンピオンや現役チャンピオンに憧れてボクシングをしてみたいという方は、体力やパワーは重要ですが、プロになるための情報を得るのも重要です。 自分がどこのジムに合うのか、どういうトレーニング方法で鍛えるか、いろいろとリサーチする必要があります。 コツコツと地道な努力を要するスポーツですが、その努力の先には将来チャンピオンになる自分が想像できるのではないでしょうか。 観ていた側だった方が次は自分が!とプロになっていく人が増えていき、さらにボクシング界が盛り上がることでしょう。

ボクシングをする女性が急増!歴代チャンピオンも取り組んだメニューにいざ挑戦!

格闘技といえば、男性のするイメージが大きいですが、現代では女性で格闘技を始める方が増えてきています。 ボクシングジムに通う女性も多く、中にはプロボクサーも存在します。 現役ではありませんが、女性ボクサーで知られている方でいえばお笑いタレント、南海キャンディーズの「しずちゃん」ですね。 ジムに通う女性誰もがプロを目指しているわけではなく、自己の目標や趣味で取り組んでいる方が多いです。 また、人気の歴代チャンピオンを追いかけ、自身も始めてみるといったきっかけも少なくありません。

トレーニングメニューは至ってシンプル

ボクシングは全身を使うスポーツ。 全身の筋肉をつかうため、ダイエットをしたいという女性には適したスポーツです。 日本の歴代チャンピオンも地道にトレーニングに励んだ成果が結果とつながっています。 その基本的なメニューがランニング、縄跳びにサンドバック打ち、ミット打ちと様々なトレーニングメニューがあります。 その中でもダイエットに最もふさわしいメニューがシャドーボクシングです。 有酸素運動と無酸素運動が混合しているシャドーボクシングは、短時間でかなりのカロリーを消費できます。 見た目は簡単そうでこれが実はかなりの体力を要します。 ジムに通わなくても、シャドーボクシングは自宅でもイメージしてできそうですよね!

 

Wakako Fujiwaraさん(@wakanyanfujiwara)がシェアした投稿

憧れのボディを手に入れよう

ボクシングはかなりハードなメニューだと思う方が多いでしょう。 しかし、自分に合ったレベルで取り組める為、持続できるトレーニング法を教えてもらいながら身体を鍛えることができます。 筋肉がムキムキになるのは抵抗ある女性が多い中、ボクシングは筋肉がつくだけでなく、無駄な脂肪を燃焼し、身体のラインをしっかりと引き締めてくれるのです。 インナーマッスルを取り入れることにより、身体の軸も鍛えられ、きれいなラインを作り上げることが出来ます。 お笑いタレント「しずちゃん」もボクシングを始め、急激に身体が引き締まりました! 女性はくびれのある体型に憧れますよね?ボクシングではそれが実現できるのです!

まとめ

仲間も呼んで取り組むことが出来るのも魅力の一つです。 試合やミット打ちは孤独さを感じてしまうことが多いかもしれませんが、スパーリングや縄跳びなど、一人では取り掛かるのが困難です。 縄跳びは出来るが、最後に追い込みかけるとき、切磋琢磨できる友達がいるとトレーニングへの効果が上がります。 また、縄とびの時にも会話をすることで無酸素、有酸素運動をすることが出来るのです。 歴代チャンピオンが通っていたジムに通えるともなれば意欲も上がることでしょう。運がよければ、会える事も夢ではないかもしれませんよ。 一人ではなかなか行きづらいとなれば、友達を連れて気持ちいい汗をかきに行ってみてはいかがでしょうか。

歴代チャンピオンに憧れて格闘スポーツのボクシングでエクササイズをはじめよう!

ボクシングとは、拳同士で戦う、格闘スポーツです。 しかし、今では戦うだけが、ボクシングではありません。歴代チャンピオンたちに感化され、本格的にボクシングを始める人・健康的にエクササイズしたい人・子どもに習わせたい人、理由は人それぞれです。これからボクシングを始めたい人や、興味がある人にむけてあらゆる視点から、ボクシングの魅力をご紹介します。

歴代チャンピオンに憧れてプロになった選手

例を挙げると、ボクシング界の伝説の男と言われている具志堅用高に憧れて、素人からボクシングを始め、歴代チャンピオンになった、渡嘉敷勝男。 喧嘩ばかりだった17歳の少年が、喧嘩・遊びを捨て上京。 憧れの具志堅用高の隣で並び、人一倍練習を重ね、見事歴代チャンピオンにまで実績を残しています。

殴るだけのスポーツではない!今では親子で仲良く取り組めると高評価!

ボクシングは有酸素運動なので、短期集中型エクササイズやスポーツ目的には向いています。 脂肪を燃焼する効果はもちろん、痩せやすい体づくり・体感を鍛える・ストレスが少ない・エネルギー燃焼効果が高いです。 エクササイズには最適なスポーツです。サンドバッグにパンチを重ねることでストレス発散にもなります。 今では、子どもに習わせている人や、親子でボクシングをしている人も少なくありません。 そのため、お子さま向けコースを設置しているジムも増えています。 親子で始めてみても、距離が縮まり・触れ合える時間になるので親子そろって楽しめるでしょう。

自宅でボクシングが出来る?!

仕事が忙しかったり・小さいお子さんがいたりすると、ジムに通いたくても通えないという人も多いでしょう。そこでおすすめなのが、ネットボクシングです。まだ世間では多く知られていませんが、これから人気が上がるのは間違いなし! ネットボクシングは、インターネットのサイトでできるトレーニングメニューです。 自分に合ったメニューが選べて、食事管理や栄養バランスなども教えてくれます。 もう一つは、シャドーボクシングです。シャドーボクシングとは、仮想の相手(影)と戦うイメージトレーニングです。シャドーボクシングを行うことで、体感が鍛えられ、一日三分のトレーニングで、ダイエット効果も得られます。

まとめ

歴代チャンピオンに憧れてプロになった選手やお子さまの習い事にしたい、健康的にエクササイズしたいなど、始める理由はひとりひとり違いますが、始めると楽しくなる・長期的に続けたくなるという思いが生まれるのはみんな共通するのではないかと感じます。始めたすべての人を魅了してしまうのがボクシングというスポーツなのです。

ボクシング歴代チャンピオンもこのトレーニング方法で体を作り上げた!

ボクシング歴代チャンピオンのように、引き締まっている体は誰もが憧れます! 「自分もカッコいい体になりたい」と、思う人はきっと多くいることでしょう。 一度は筋トレに挑戦したけど断念した人や、これから始めたいとおもう方に、トレーニング方法や食事で気を付けたいことなど、そしてボクシング歴代チャンピオンもやっていた方法をご紹介していきます。

筋トレ方法の基礎知識

筋肉は、ダメージを受けると、その後回復します。 そして、少しだけ強くなることで、同等な刺激がきても耐えられるように鍛えられます。 これを超回復と呼び、繰り返すことで、個人差はありますが徐々に筋肉が強く太くなっていくのです。 ただトレーニングをするだけでは、なかなか筋肉は成長しません。

初めは無理せず徐々に筋肉に刺激を与える

基本は8回から10回あがる程度の重さで、3~5セット、2分程度のインターバルを行います。 セットを繰り返すと8回は上がらず、その時は重さを80%くらいに落とすのがベストです。 そうすることで十分に刺激を与えることができます。 ただただ軽い重量で何百回と、動作を繰り返しても、筋肉が疲労するだけで十分な刺激にはなりません。

筋肉は動かした分、しっかりと休めるのも大事!

筋肉に十分な刺激を与えたあとは、休息が必要です。 筋肉に刺激を与えて、しっかりと休ませて回復させないと鍛えた分が台無しです。 回復させるには、筋肉を休ませること、きちんと栄養素を摂ることが必要です。 鍛える部分によって異なりますが、筋肉は大抵48時間以上、回復に時間が必要になります。 同じ部分をトレーニングするときは、約2日以上の間を空けると効果的です。

体内からもどんどん栄養を取り込んで筋力アップ!

筋肉を作るためには、鍛えるだけでなく、栄養素であるタンパク質を摂ることが大事です。 しっかりとトレーニングしたときは、タンパク質を十分に摂らないと、筋肉が回復しません。 タンパク質は一日に体重×1.5グラム程の量をとると効果的です。 肉や魚、卵、乳製品などにタンパク質は多く含まれますが、これらの食品では消化時間がかかります。 そこで、すぐにタンパク質を補給したい場合は、スポーツ店に販売しているプロテインを取り入れるとよいでしょう。無駄な養分を摂ることなく、必要分のタンパク質を取り入れることが出来る為、プロテインはオススメです!

トレーニングマシーンを取り入れよう

基礎がしっかり整ってきたところで、トレーニングマシーンやダンベルを取り入れていきましょう。 トレーニングマシーンやダンベルを取り入れる事で、人間では補えない大きな負荷をかけ筋肉を倍増する効果があります。 しかし、トレーニングマシーンも高値で、広いスペースが必要です。 自宅でのトレーニングが厳しい人は、トレーニングジムなどに通って取り組むことをオススメします。

まとめ

ボクシング歴代チャンピオンの方は、皆、基本的なトレーニングから始まり、強くなっています。 まずは基礎からしっかり取り組み、それからプロテインを取り入れたり、トレーニングマシーンを活用してみたりと応用に進んでいくのがベストでしょう。 正しいやり方で取り組めば、あなたも引き締まった体を手に入れること出来ますよ。