拳と拳の熱き戦いが繰り広げられる世界といえばボクシングですが、その舞台となるものがリングです。 リングと聞くと指輪や丸いもののイメージが強く、なぜ四角い場所がリングと呼ばれるのか疑問ですよね。 リングといっても、スポーツによってリングが違います。実は4種類あり、ボクシング・プロレス・総合格闘技・立ち技系のリングと分かれています。 その中からボクシングリングにスポットをあてて紹介します。

リングと呼ぶのは?

リング=RINGは単純に解くと、輪・環・輪形という名詞になります。動詞だと、輪の形にする・取り囲む、です。 取り囲むという意味では、四角いリングでも間違いは無いのですが、おそらく一般的な概念でいうと矛盾が感じられます。 詳しく解説すると、リングの語源は、まだ歴代チャンピオンなど存在しない昔、戦う両選手をギャラリーがヒモを持って取り囲み、手をつないで逃げられないようにした事から、その形状が円形になった事から名付けられたという説です。 現在では大きさや高さなど、スポーツによっても様々なリングがあり規定が設けられています。

ボクシングリングの大きさはどのくらいなの?

ボクシングリングの大きさは、日本ボクシング・コミッション(JBC)によって定められています。 広さはロープで囲っている内側は、原則として18フィート(5.47m)平方以上~24フィート(7.31m)平方以内です。 床も規定の長さがあります。水平にし、2.5インチ(6.3cm)以上のフェルトか畳、または同程度の柔らかい下敷きを敷き、その上をキャンバスで覆わないといけません。 リングは周りがロープで囲まれていますよね。ロープは2.5cm 以上を4本に、リングの床から0.46m・0.74m・1.04m・1.32mの高さで強く張ります。 このほかリングの照明に関しても、ある一定の規定が設けられています。

リングは買えるの?

一般の方々で購入する人は少ないと思いますが、ジムや施設などの運営を始めようと思う人には嬉しい事に、購入可能です。 値段は張りますが、通販サイトでも販売しています。 選手やお客さんの怪我を考えると、値段を張ってでもきちんとした物を購入するのが良いでしょう。 更に、一からリングを制作してくれる会社もあります。 改造・修繕なども行っているので、長くみると初めからオーダーメイドするのもオススメです。 歴代チャンピオンもこのオーダーリングを使って練習をしていたとの良い情報も入っています。

まとめ

リングといっても色々なものがあり、競技によって違っていたとは驚きですね。 ご購入を考えている方は、規定やルールをしっかりわかった上で是非良いリングを購入してみてはいかがでしょうか。