激闘が繰り広げられるボクシング。リング上の歴代チャンピオンの足元には一足の「シューズ」があります。 ボクシングで必要とされる、グローブと同じほど大切になってくる物のひとつです。 今、ボクシングを頑張っている方、チャンピオンを目指している方、キックボクシングやトレーニングなど、どのようなボクシングシューズを使っていますか? しっかりと機能性を知り、選んでいるのでしょうか。 シェイプアップ目的の方でも、足首の保護や怪我の予防は大切です。 また、履くだけでかっこいい・ボクシングシューズについての機能性などこだわりもあると思います。 様々な理由の中で、今回は歴代チャンピオンたちも愛用したオススメシューズなどご紹介します。

ボクシングシューズの性能

ボクシングシューズは、基本的、軽くて足元が滑らない様にしっかりグリップがついています。 リングの上などでは踏ん張りがきくので、強く安定したパンチを打つことができます。

ボクシングシューズの種類

シューズと言っても、色々なタイプがあります。 ロングタイプのシューズは、ヒモが足首よりも上の方まで通して縛ることができるので、フィット感はあります。 最近ではショート・ミドルのシューズが流行っていますが、ロングも負けずとかなり人気があります。 ショート丈の物に比べると、脱着には多少時間がかかりますが、昔の歴代チャンピオンもこのタイプを使っていました。 「ボクサー」という感じがしてかっこいいです! 最近では海外のトップファイターの多くが、メーカーのミドル丈のシューズで活躍していることが多くなりました。長すぎず短すぎずと、適度な長さの靴です。 下に長い靴下を履いてシューズから覗かせる事で、履き方ではオシャレに魅せる事ができます。 ショートタイプのシューズは、足元が軽くスッキリしてみえるということと、簡単に脱ぎやすいという点が人気の秘訣です。ここ数年で流行っているシューズです。

 

Takashi Sagaeさん(@sagaetakashi)がシェアした投稿

オススメはズバリこれ!!

ここで紹介するのがミズノ製ボクシングシューズです。 歴代チャンピオンや、元WBO世界スーパーフライ級王座の井上尚弥選手もこのミズノ製なのです。 そんなミズノ製ボクシングシューズは、2種類あります。 一般的にシンプルなデザインで、日本で作られています。 オーダー品もラインナップされており、色の指定等もできます。 更に、素足感覚を極めるボクサーのために、非常にデリケートな作りになっていてボクシングをしている人にオススメです。 あの歴代チャンピオン、具志堅用高さん以降ミズノのボクシングシューズを履いた世界チャンピオンがたくさん誕生したそうです。

まとめ

シューズ一つでも勝敗が左右されるので、自分にあったボクシングシューズを選んで買う事が重要だと言えます。 歴代チャンピオンも愛用したシューズを使用して、ボクシングの道を思いっきり突き抜けていくとかっこいいですね。